建設業許可の種類と違いを知ろう!一般建設業と特定建設業

query_builder 2024/01/26 建設業許可 手続き 一般建設業 特定建設業

建設業許可は、建設業を行うために必要な許可です。一般建設業と特定建設業という2つの種類があります。一般建設業は、建築物や土木工事の総合的な業務を行うことができる許可であり、特定建設業は4500万円以上の金額で下請け工事を発注する元請けであれば、必要になる許可です。一般建設業の許可条件には、資金や人員の基準などがあります。一方、特定建設業の許可条件は、専門知識や技術力の要件が追加されます。建設業許可の取得には、申請書の提出や必要書類の提出、審査などの手続きが必要です。正確な手続きと必要書類の準備が求められますので、注意が必要です。

アップ・ビルド行政書士事務所

ロゴ

地域に根ざし、建設業許可申請や更新のフルサポートを行っております。ご依頼は川崎市や近隣エリアを中心に承り、これまでに培ってきた豊富な知識や経験を活かしながら、ご満足いただける支援をご提供いたします。

アップ・ビルド行政書士事務所
住所:

〒213-0015

神奈川県川崎市高津区梶ケ谷3-15-3

電話番号:
044-948-6907

建設業許可とは何か?

建設業許可とは、建築物を建てたり改築したりする際に必要な許可書のことです。

建設業許可は、国が定めた建設業法に基づいて発行されます。

この許可を得ることで、建設工事を行うことができます。

建設業許可には様々な種類があります。

例えば、建築工事を行う場合には建築一式工事の許可が必要ですし、土木工事を行う場合には土木一式工事の許可が必要です。

また、設備工事を行う場合には管工事の許可が必要となります。

建設業許可の取得には一定の条件があります。

例えば、経営者や業務を行う従業員には一定の資格や技術を持っていることが求められます。

建設業許可の取得には申請書の提出や審査が必要です。

審査では、申請者が法令を遵守しているかどうかや工事の実績が適切かどうかが確認されます。

審査が通過した場合には、建設業許可が発行されます。

建設業許可は、建築物の安全性や品質の確保、環境への配慮などを促すために重要な制度です。

許可を得ることで、建設工事の信頼性や適正な施工が担保されるため、建設業者や利用者にとって安心感を提供しています。

一般建設業と特定建設業の違いとは?

建設業許可には、一般建設業と特定建設業の2つの種類があります。

発注者から直接請け負う工事1件につき、4500万円(建築工事業の場合は7000万円)以上となる下請契約を締結する場合は、特定建設業許可が必要です。わかりやすく言うと、元請けで工事を受注し、その工事について4500万円(建築工事業の場合は7000万円)以上の下請工事を出すなら、特定、となるわけです。


「元請け」であることがポイントです。一般建設業許可のみを取得している一次下請けの建設業者が二次下請けに4000万円以上の下請け工事を発注しても、適法です。あくまでも4500万円以上の下請け工事を出す「元請け」のみが特定建設業許可が必要になる、ということです。


また、「元請け」が3000万円と2000万円の下請け土木工事を、同じ元請け工事について出したとします。この場合、合計5000万円の下請け工事を出したことになりますから、特定建設業許可が必要になります。

一般建設業の許可条件とは?

建設業許可は、建設業を営むために必要な許可です。

一般建設業の許可条件とは、建設業に取り組む上で必要な基本的な要件です。そのため、一般建設業の許可を取得するには、次の条件を満たす必要があります。

まず、法人であれば、登記簿謄本や定款などの法人設立に関する資料も提出する必要があります。

次に、経営者が5年以上の経営経験を持っていることが求められます。これにより、十分な経営経験を持っていることが証明されます。

また、一般建設業の許可を取得するには、一定の資金力も必要です。500万円以上の資金力となり、一定の経済的な基盤があることが要求されます。

さらに、従業員の雇用条件に関しても一定の要件があります。常勤で働いていることの証明が求められる場合もあります。

以上が一般建設業の許可条件です。これらの条件を満たすことで、建設業を営むための許可が得られます。

一般建設業の許可を取得することは、法律や規制に沿った建設業務を遂行するために重要です。建設業を営む予定がある場合は、しっかりと許可の取得手続きを進めるようにしましょう。

特定建設業の許可条件とは?

特定建設業の許可条件とは、建設業法に基づいて定められています。

また、一定の技術力や実績が求められます。特定建設業の許可を得るには、その分野において一定レベルの技術力を持つことが求められます。

さらに、経済的な安定も求められます。特定建設業の許可を受けるには、経済的な安定を保つことが求められます。具体的には、一定の資金や資産、負債のバランスを維持することが求められます。

許可を受けるためには、これらの条件を満たす必要があります。許可を受けると、建設業を営むことができるようになります。

特定建設業の許可を受けることで、様々な工事や建築物の建設に関わることができます。建設業は社会にとって重要な役割を果たしており、許可を受けることで信頼性や専門性が認められるというメリットもあります。

特定建設業の許可は、適正な業者が建設業を行い、安全かつ信頼性の高い建築物や工事を提供するために設けられています。

建設業許可の取得に必要な手続きとは?

建設業を営むためには、建設業許可が必要です。建設業許可は、建築物や土木工事などの建設業務を行う際に、国や地方自治体から与えられる許可となります。

建設業許可の取得には、いくつかの手続きが必要です。まずは、許可を申請することから始めます。許可の申請手続きには、必要書類の提出や審査が含まれます。許可を申請する際には、建設業務の内容や所在地、組織体制、人員配置などの詳細を記載した書類を提出する必要があります。

また、建設業許可の審査では、許可申請者の信頼性や技術力などが評価されます。許可の取得には、これらの要素が十分に満たされていることが求められます。

さらに、許可の取得には、一定の手数料が必要です。事前に確認しておくことが重要です。

以上が、建設業許可の取得に必要な手続きです。手続きを正しく行い、必要な書類や情報を提出することで、建設業許可を取得することができます。なお、取得後も定期的な更新手続きが必要となりますので、注意が必要です。

アップ・ビルド行政書士事務所

ロゴ

地域に根ざし、建設業許可申請や更新のフルサポートを行っております。ご依頼は川崎市や近隣エリアを中心に承り、これまでに培ってきた豊富な知識や経験を活かしながら、ご満足いただける支援をご提供いたします。

アップ・ビルド行政書士事務所

〒213-0015

神奈川県川崎市高津区梶ケ谷3-15-3